ニュー山王ホテル まさに日本の中のアメリカ 米軍関係者のみが入ることができる複合施設【感想】

こんにちは、リッキー徳永(@ricky7co)です。

東京港区にある「ニュー山王ホテル」は、米軍の施設となっており、米軍関係者とそのゲストしか入ることができません。

アメリカ人でも米軍関係でないと入れないので、日本人には通常馴染みのない場所です。

一般の人がここに入るためには、米軍関係者にゲストとして招待してもらわなければいけません。

レストランの感想はこちらから。
カジノ付きバーの感想はこちらから。

基本情報

■東京都港区南麻布 4-12-20

  • 客室数:149
  • 土地面積:7,249平方メートル
  • 建物:地上7階、地下1階
  • 管理部隊:U.S. Naval Joint Services Activity
  • 売店
  • 鉄板焼レストラン、洋食レストラン、アメリカンデリ、カフェ、カクテルラウンジ
  • スイミング・プール、フィットネスセンター
  • 会議室、パーティー/宴会場

施設内


日本人が招待されて入館するには、顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポート)が必要。

施設内は言語は英語、通貨は米ドルです。

日本円も使うことができるようになってます。僕はレストランでは自分のクレジットカードで支払うことができました。

ホテル施設になっていて、その中にレストランがいくつも入っています。

中にいる人はほぼ全員米軍関係者です。

日本人らしき人も時々いますが、おそらく招待されて来た方たちでしょう。

施設内は重厚なインテリアになっていて、日本にいることを忘れてしまいそうです。

宿泊については、米軍におけるランクによって値段が細かく設定されています。

イメージとしては保養所のような機能でしょうか。米軍だけではなく、在日米軍大使館の職員も利用することができます。

立地がとてもよく、施設内は設備が充実しているので楽しみどころがとても多いと思います。

まとめ

港区南麻布でアメリカを体験できる施設です。

一般の日本人には馴染みのない場所なだけに、特別感は満載。

合わせて読みたい関連記事