YouTube【米国弁護士リッキー徳永のリッキーチャンネル始まりました!】

リーガルパッドはアメリカ発祥の最高な手書きアウトプットツール!書きやすい、目立つ、おしゃれ!

リーガルパッド(Legal Pad)といえば、アメリカでは誰もがよく使うノートの一種。なぜか日本ではあまり使われていません。

もともとリーガルパッドは、リーガルというだけあって、アメリカの弁護士や裁判官が使うノートでした。
歴史は長いようで1900年に遡り、原則は今でも変わっていません。

メルマガ好評配信中です。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

リーガルパッドの特徴

  • アメリカレターサイズ(日本でのA4サイズに近いですが、レターサイズのほうは少し縦が短く横が長いです)
  • 色は黄色が主流、普通の白もある
  • 水色の罫線と赤線の区切りが左に入っている
  • 一枚一枚切り取れるように上の部分にミシン線のようなものが入っている
  • 書く面は、表だけが前提
  • 底が硬い厚紙でできていて、膝の上においた状態でも書ける

使われる場面は、どこでもあり、法律関係ではなくても、普通に会社員でも、学生でも、ミュージシャンでも、だいたい使ってます。もちろん、普通のノートブックも使われます。

それから、Macのノートアプリのアイコン、これも実はこのリーガルパッドがもとになっていたのです。

僕は日本に帰ってきた今でも、結構リーガルパッドは使ってます。

文章を書くのはMacですが、すぐに思いついたことを書き出したり、手書きでアウトプットしたいときなど、いつもそばにリーガルパッドがある感じです。

あえてリーガルパッドのデメリットを挙げるとしたら、表紙がないのでカバンに入れると紙がクシャクシャになることがあります。

あとは色が鮮やかな黄色なのでずっと見ていると眩しくなってくることがあります。

なぜリーガルパッドは黄色なのか

日本で売っているノートで黄色い紙は一般的ではありません。

アメリカではリーガルパッドといえば黄色が定番。では、なぜ黄色なのでしょうか。

海外サイトに行って調べてみましたがはっきりした理由は不明なようです。

昔は白だったとか、印刷技術の問題とか、黄色いほうが青いペンで書いたときに読みやすいからなど。

理由がなんであれ、この黄色い紙こそがリーガルパッドであることは間違いありません。

実際に、この色のほうが読みやすいですし、ちぎった紙がもしほかの書類に紛れても見つけやすいのです。

まとめ

楽しく手書きでアウトプットをするためのツールとして、リーガルパッドを取り入れてはどうでしょう。

日本にいながらでも、Itoya、アマゾン、Costcoでも買うことが可能です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。