メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

真夏のインプット祭り 樺沢紫苑先生『インプット大全』出版記念イベント

こんにちは、リッキー徳永です。

ご存知の大ベストセラー!42万部を突破した「アウトプット大全」の著者、そして日本一アウトプットする医師・作家の樺沢紫苑先生。

そんな樺沢先生がリリースした待望の新刊はインプット大全です。

インプット大全」の出版記念イベント『真夏のインプット祭り』に参加しました

開催日:2019年8月2日

日本一アウトプットする精神科医、樺沢紫苑先生の経歴

それでは樺沢先生が実際になにをやってきているか見ていきましょう。

「メルマガ、毎日発行14年」

「Facebook、毎日更新9年」

「YouTube、毎日更新6年」

「毎日3時間以上の執筆12年」

「年2~3冊の出版、11年連続」

「新作セミナー、毎月2回以上10年連続」

このように、日本一アウトプットしている医師であり、ベストセラー作家です。

プロフィール
精神科医、作家。1965年、札幌生まれ。札幌医科大学医学部卒。インターネット媒体を駆使し、累計40万人以上に、精神医学や心理学、脳科学の知識、情報をわかりやすく発信。著書は30冊。「日本一、アウトプットする精神科医」として活動している。

700人が参加した大規模イベントは大成功に

今回のイベントは、TEAM KABASAWAということでスタッフ参加しました。

早めに会場入りしてお手伝いです。

渋谷区文化総合センターさくらホールが満員になる盛況ぶりでした。700人参加ということで、インプット大全の関心が伺えます。

インプットと言えば今さら何?という気もしますが、それは危険。

5年前のインプット法はもはや時代遅れなのです。

なぜなら、情報は爆発的にここ数年で増えているからです。

実は我々がやっているインプットの97%は無駄になっていると言われています。

それも、「アウトプット前提のインプット」が必須。

今回のイベントでは単なる座学ではなく、参加者全員が積極的にワークに取り組む姿も。

樺沢先生が「終了ー!」と何度も言っても、会場が盛り上がりすぎていたという場面もありました。

樺沢流、セミナー・イベントを成功させる方法

700人入るホールが満員になるイベントともなると、その準備と運営は大変なものです。今回スタッフとして参加してよく分かりました。

規模が大きくなっても原則は変わらず、入念な準備と、会場の参加者とのコミュニケーションが重要なのです。

アドリブで伝える

セミナーの醍醐味はライブ感。

樺沢先生は、会場の反応を見ながら進めていく「アドリブ」が大切だと言います。

事前に準備した内容をそのまま話すだけではなく、場合によってはスライドでは準備していないことも話して会場を盛り上げるのです。

例えば、セミナー参加者が初参加が多いときと何度か来ている人が多いときで、その場で進行の仕方を変えていきます。

初参加の人のためにできるだけ導入部分を丁寧に話し、ある程度温度感が高まってからより突っ込んだ話をしていく。

このアドリブも経験と入念な準備があるからできることです。

非言語コミュニケーションで伝える

「非言語コミュニケーション」も力を発揮します。非言語コミュニケーションとは、外見、姿勢、表情、目線、服装などの視覚的情報や声などの聴覚的情報のこと。

今回のイベント専用の衣装として、カスタムオーダースーツを用意した樺沢先生。

ワークでもあったように、視覚的情報は特に重要で、姿勢は超基本。見た目がいいだけではなく、自分の中で自信が出て緊張しなくなります。

令和時代に必要とされる革新的インプット術

インプットとアウトプットは表裏一体です。最新のインプット術でアウトプットをして自己成長するために何をしたらいいかが身に付くイベントとなりました。

  • アウトプット前提でインプット効果を数百倍に
  • 月にたった3冊の読書で学びを最大化
  • デジタル時代に使える超アナログインプット術
  • スマホを一日30分で終わらせる秘密
  • 遊ぶことの重要性

これらは革新的インプット術のごく一部です。

「インプット大全」には、もちろん読書の仕方やノートのとり方など、スキルに直接結びつく術がたくさんあります。

とても興味深いのが、そういう具体的な術だけではなく、コミュニティ参加、健康、歴史、遊び、旅行、食など、人生を楽しむための具体的なヒントが多いこと。

単なるビジネスやお金、出世などの成功を収めるための内容ではなく、どのように人とコミュニケーションをとって毎日を幸せに過ごすかというレベルまでいっています。

アウトプットをして人生を好転させ楽しく生きることに賛同する読者のための、インプット術なのでしょう。

まとめ

ネットに情報が氾濫している「情報爆発時代」に必須のインプット革新に触れることができました。

今までのインプット術はいったんすべて忘れることが必要です。

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。