メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

英会話不要論とかではなく本当に必要な英語を身につける方法

こんにちは、リッキー徳永です。

誰もが身につけたいと思うことの一つに、英会話は必ず出てきます。

英語ができると世界が広がりますし、英語ができないと損することも確かです。

街中で外国人に道を聞かれることもありますし、ビジネスをする上で外国人とやりとりをすることもあるでしょう。

英会話と言えば、グローバル化に備えて必要なスキルだと言われています。

でも実際、「英会話」どうこうようりも、「自分が必要としている英語」を身につけることに注力したほうがいいと思います。

実は「英会話」自体、不要だったりすることも。その理由を書いていきます。

英会話ビジネスの実情

英会話のニーズが高まる前から、英会話ビジネスは存在しています。

東京オリンピックの影響もあり、日本人が最も英会話を必要としている時代のように言われています。

その需要を象徴するのが、広告です。

電車に乗ると、英会話学校の広告、テレビでも英会話のコマーシャル、タクシーや街中にも英会話学校の宣伝があります。

「英語くらい話せて当たり前。さああなたはどうする?」

「うちのレッスン受けたら英語が上達します!今なら入会金キャンペーン中。」

というように、一方的に英会話を売り込んで来るわけです。

冷静に考えると、売ろうとしているのは「英会話」であって、その先どうしたいかまでは考慮されていません。

その先というのは、英語でプレゼンをするためとか、外国人の上司や部下とコミュニケーションをとるためとか。

逆に言うと、英会話が必要なのは特定の人だけということです。

日本に住んでいて年に数回海外旅行に行くだけなら、英語を話す機会はほぼありません。

なのにいつ使うかもわからない英会話を、それなりのお金と時間をかけてまで習得する必要性はあるのでしょうか。

英語が必要な理由は人それぞれ

英語を話す機会がないなら、英語を習得する必要がないのは確かです。

しかし英語が出来ないと損することもありますし、英語が出来ると世界がガラッと変わります。

僕が100%自信を持って言えるのは、英語はできたほうがいいということです。

でも逆に言うと、英語だけできても、ほとんど意味がありません。

どういうことかというと、英語は単なる手段の一つでありツールとして利用するもの。

その人の行動力とか営業力とか、場合によっては法律などの専門性あってこその、英語力なのです。

なのでいつ使うか分からない英会話だけを学ぼうとして、成果が思ったほど出なくて挫折するのは自然な結果です。

英語を「読む力」は必須

いつ使うか分からない英会話はいいとして、英語を読む力は常に必須です。

英語読解力は職業、年齢、環境を問わず活かせる機会が多いです。

また、読解力をつけるための時間と投資も最小限で済みます。

具体的には、毎日電車で通勤・通学する時間に読む習慣を付けるだけでも確実に読解力はアップするのです。

僕が実際に続けているのが、「TIME」や「The Economist」などの英字雑誌。

英字新聞を毎日読むのはハードルが高いし、ニュースを毎日チェックする必要はありません。

その点「TIME」は一週間に起こった出来事を、経済、テクノロジー、政治、エンターテインメント、ビジネスなど幅広い分野からまとめています。

オンラインでも読むことができますが、実際の紙面がより効果的にインプットできるのでおすすめです。

「英会話」ではなく英語の読解力は大切だと僕は思います。

英語力よりもコミュニケーション力

本当に必要なのは英語力ではなく、英語を使ったコミュニケーション力です。

コミュニケーションができて、外国人と仲良くなることができたら、どんな英語でもいいということになります。

もちろんビジネスの場で使う英語になると、それなりのビジネス英語は必要です。

それでもビジネスを円滑に進めるにはコミュニケーションが必須。

このように、英語力 x コミュニケーション力 x 行動力のように相乗効果を得るための一つの要素としての英語力が大切です。

まとめ

英語を話す機会がなくても読解力はいつでも鍛えられますし、応用の場はたくさんあります。

「英会話」だけをやるのではなく、コミュニケーションをするためのツールとして英語を使ってみてはどうでしょうか。

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。