メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

知らないと損!アメリカのクレジットスコアは個人の信用度を数値化。スコアをすぐに上げる方法も?

こんにちは、リッキー徳永です。

アメリカといえばクレジットカード社会。クレジットカードを取り巻くシステムは、実は日本とアメリカは異なります。

アメリカではクレジットヒストリーという個人の信用履歴を、クレジットスコアとして数値化して管理しています。

このクレジットスコアが高ければ高いほど信用度が高いとされ、金利の優遇もあるのです。

アメリカで生活していたときは、実際にいろいろなクレジットカードを試したりローンを組んでみたりしました。

クレジットヒストリー

日本でも個人番号が出来ましたが、アメリカではずっと昔からソーシャルセキュリティーナンバー(社会保障番号)という番号が一人づつ与えられています。

クレジットヒストリーという名の信用履歴はこのソーシャルセキュリティーナンバーに紐付いています。

よって、クレジットカードの申請やローンを組むとき、賃貸マンションの申し込み、時には入社時のバックグラウンドチェックにも利用されます。

クレジットヒストリーにはあらゆる情報が含まれていて、長い年月の支払履歴が記録されています。

  • 保有しているクレジットカード、利用上限額と利用額、支払履歴、保有期間
  • 車のローンや住宅ローンの借入額、返済額、ローン期間
  • 場合によって公共料金や家賃の支払い履歴

クレジットスコア

クレジットヒストリーのあらゆる要素を考慮して、信用度を数値化したものがクレジットスコアです。

最低300点、最高850点で算出され、700点以上あれば良しとされています。

800点以上あればかなり優良ですので、確実にローンの審査が通るだけではなく、金利の優遇を受けることができるなどいいことがたくさんあります。

一般的なアメリカ人は600点から750点のあたりに集中しています。

僕はアメリカで学生だった頃に初めてクレジットカードを作り、毎月かならず支払いをしていました。

クレジットスコアが良かったこともあり、車のローンを組んだときには金利ゼロ%という驚きの条件をとることができました。

クレジットスコアを簡単に上げる方法

クレジットスコアを上げる方法はいくつもあります。

むしろ、定期的にスコアを確認して、改善しておくといざとなったときに慌てずにすみます。

  • クレジットレポートの内容をチェックし、間違いがあったら訂正をする。Equifax、Experian、TransUnionという三大クレジットビューロー(信用情報機関)から無料で年に一回クレジットレポートを入手することができます。これは法律で定められた権利です。入手はこちらから
  • クレジットカードの利用可能額の30%程度までにカード利用を抑える。アメリカのクレジットカードは毎月の最低支払額があってないようなものです。借り入れ上限枠に対する借入額を少なくすることがポイントです。
  • 月に2回クレジットカードの返済をする。アメリカのクレジットカードは自分で好きな時に好きな額を返済できます。カードで買物をしたらこまめに返済をすることにより、借入額が大きくなることを防ぐことができます。
  • クレジットカードの上限額を増やす。カード会社にリクエストをすると、上限額を増やすことができる場合があります。上限額が増えても、使わないでください。借入枠に対する借入額の割合が少なくなるとクレジットスコアも上がります。
  • 新しいカードを作る。一度にいくつもカードを作ると逆効果ですが、一つだけカードを作ることにより全体の借入枠が増えるのでクレジットスコアも上がります。

クレジットスコアはこれ以外にも、カードの保有期間が長いほど有利だったり、車や家のローンがあったほうが返済能力があるとみなされることがあります。

まとめ

アメリカでクレジットカードを持つことは、ただ買い物が便利というだけではありません。

その裏には、クレジットヒストリーをこつこつ構築して、クレジットスコアを高めるという重要な意味もあるのです。

アメリカでは勤務先や勤務年数よりも、個人のクレジットスコアをメインに見られるからです。