メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

会社員だからこそブログで発信する理由 

こんにちは。リッキー徳永です。

突然ですが、何をしている人なのか、職業は何かと聞かれるとします。そう聞かれるのはおそらく僕だけではなく、大人だったらみんなそうでしょう。

そこで会社員をしている人であれば、「会社員」と答えます。

その答えは間違ってはいないのですが、疑問をいだくことがあります。

会社員だけをやる必要はあるのかということについて、考え直すのもありなのかなあと。

「会社員」ではなく「会社員も」やる理由

プロフィールに書いてあるとおり、僕は会社員です。

それと同時に、ブログという独自のメディアを持ち、そこから発信しています。

記事内容は、会社員として仕事をしていることとは関係ありません。

その理由は会社の仕事内容を個人が発信することに問題があるからではなく、自分のオリジナリティを出していきたいからです。

ブログでの発信以外にも、テレビ出演をしつつ、ヤフーニュースなどのメディアにも登場しています。

こうなるともはや職業は一言では表現できなくなってきます。

僕としてこれは望んでいることであり、今後も活躍できる場というものをより広げていくでしょう。

AIが大部分の仕事をできてしまう時代が来ている中、人間にしかできないオリジナリティを身につけることが必須です。

そのためにも自分の経験を自分の言葉でアウトプットしなければいけません。

誰にでも、何かしら価値を提供できるもの、活躍する場があるはずです。

それが人間的で、オリジナリティがあるほど、いわゆるマニアックなほど、これからは価値が出てきます。

MEMO
会社員以外のことも挑戦しながらオリジナリティを。

時代の変化

一昔前までは、サラリーマンが本業以外の仕事をすることが禁止されていました。サラリーマンは会社の仕事だけを本業として生きていくものだという考えです。

しかし今後はサラリーマンでも複数の仕事をすることが当たり前になってきます。

それを可能にしたのが紛れもなくインターネット。

インターネット上には情報がいくらでもあり、誰でも無料で検索できます。でもそれは逆にいうと情報を誰でも発信するプラットフォームがあるということです。

情報発信することによって、誰かが価値を見出し、収入につながっていきます。

このように収入の流れを2つ3つと増やしながら、自分も経験を深めることが出来るのはとても素晴らしいこと。

人生の幅も広がりそれが相乗効果になるので会社の仕事にも深みがでるようになります。

まとめ

「会社員」というのはライフスタイルの一部であり、「会社員イコール職業」という時代ではありません。

また、起業するために会社をやめる必要もなく、何足ものわらじを履くことが当たり前になります。

オリジナリティを出して誰かの役に立つことを楽しむことができるのであれば、その方法は問われないでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。