メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

立花岳志さん月例会 田中ゆうこさん<パートナーシップ・セクシャリティ・日本の復興・四柱推命>

立花岳志さん主催の月例会であるツナゲルサロンに参加してきました。

今回のゲストは田中ゆうこさんです。テーマは「パートナーシップ・セクシャリティ・日本の復興・四柱推命。」

一見関係がないような言葉が並んでいますが、すべてつながっています。

受講日:2019年4月27日

パートナーシップとセクシャリティ

日本人だけが本来もっているものとはなんでしょうか。それは、「氣」ですね。

日本人は古来、その氣をパワーとして使えていたそうです。それが実は世界には驚異だったのです。

同時にパートナーシップも取り上げられ、日本で出来上がっていた「調和と統合」を全部壊されたというのです。

諸外国から見た現代の日本独特の文化とは。それは、日本が風俗産業の国ということです。

その深い文化背景については多くの著書があるので参考にしていただけばと思いますが、時々外国人から聞かれます。

日本では合法なのか違法なのかどちらなのか。答えはYes and Noなのかもしれません。なぜなら、そこには建前と本音があるからです。

性風俗だけではなく、アメリカでは大麻(マリファナ)が合法化されている州が10あります。

諸外国でも合法な国が多くあります。しかし日本ではとても厳しく、医療用としても認められていません。

話を戻すと、本音と建前を分離させると、エネルギーが循環しないということです。

日本はセクシャリティはタブーという文化があり、まずはそこに陽の目を当ててみるべきではないでしょうかという話なのでしょう。

そこに少子化が進んでいる日本の復興に、光が見えてくるのではないでしょうか。

令和1年を迎えるにあたり、日本人がもともと持っているエネルギーと、「調和と統合」と取り戻す時期が来ている氣がします。

四柱推命

今回初めて四柱推命の鑑定をしてみました。スピリチュアル系はあまり扱ってきませんでしたが、特に最近よく聞くようになりましたね。

英語ではFour Pillars of Destinyというそうです。

人の命運を知ることは興味深いです。とてもしっくりくる感じもしました。

四柱推命鑑定士でもある田中ゆうこさんに、懇親会で実際に鑑定結果を見てもらい、アドバイスを頂くことができました。

今までの僕の行動が分かってきた気がします。今後の行動の参考にもなりました。

まとめ

今後の日本の復興に必要なものは、制度や政策ではなく、本来の日本人としての姿なのでしょう。

タブーとされているパートナーシップとセクシャリティについて、オープンに語れるこのような場がその第一歩なのかもしれません。

立花岳志さん、田中ゆうこさん、ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。