メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

瞬読 1冊3分で読めて99%忘れない読書術 by 山中恵美子

瞬読 1冊3分で読めて99%忘れない読書術は、ただの速読術ではありません。

それは、簡単にマスターでき、しかも効果が絶大な読書術なのです。

著者の山中恵美子さんとランチ

今や話題沸騰中!メディアでも引っ張りだこの「瞬読」の著者である山中恵美子さんとランチをしてきました。

なぜこのような大物の方とプライベートでお会いできるのか。それには秘密があります。

その秘密とは。。。

ずばり、「ご縁」です。秘密になっていませんね。簡単に言うと、ベストセラー著者さんつながりです。

その凄いつながりの中でも際立っている方、石川和男先生からご紹介いただきました。石川先生、ありがとうございます。

このようなランチ、堅苦しいアポをとって何月何日の何時にどこで食事というようなことはしません。

山中恵美子さんは、全国講演取材メディア出演などで飛び回っている方。そこまでガチガチに決められないですし、予定をブロックするのも僕として気が引けますね。

なんと、前日に、お互い「じゃあ明日ランチ行きましょうか」というノリなのです。即決

無駄に考えたり、後ほどお返事しますとか、一切ありません。要はスピード「瞬読」ですぐに身につきますヨ

一般社団法人 瞬読協会

ランチはこちらで

読者の方はご存知かと思いますが、ランチはお気に入りのこちら。

新鮮オーガニック野菜が食べ放題、ヘルシーチキンもたっぷり食べられるという夢のようなお店です。

平日ランチはかなりお得で満足度高いです。山中恵美子さんにも喜んでいただけたようです。良かった!

生野菜を、「すごくおいしい!」と言ってもらえて、嬉しいです。山中さんの笑顔が印象的でした。

脳に革命

山中恵美子さんは兵庫県西宮市出身。西宮、芦屋、宝塚エリアでは名の知れた学習塾グループを経営されています。

もともと受験生のために教えていた速読が、後に瞬読となり、ビジネスパーソンへも広まったのです。

もはや日本国内ではとどまらず、海外にまで拡散し始めている瞬読。まさに、脳に革命を起こす起爆剤と言えるでしょう。

やることが大変に思うかもしれませんが、本書には挫折しない方法しか書かれていません。

しかもドリルが付いているので、読み進めながら脳に革命を起こしていきましょう。

アウトプットは王道

山中さんから直接、体験談も聞くことができました。

それは、アウトプットの大切さです。全国の受講生は、みなさん学習意欲が強く、瞬読を活かすために学んでいます。

いわゆる、かなり意識高い系、頭いい方たちも多数いらっしゃいます。

でも、どれだけ学んだり経験しても、それを自分の中で終わらせてしまうだけでは意味がないのです。

アウトプット、つまり学びや経験を誰かにシェアする、ブログで発信する、SNSで公開するというアクションが大前提。

それを継続して身につけることによってはじめて結果が出始めるのです。

発信すること、しないことの意義

発信の話がでましたが、今後の情報化社会では、発信していない個人はもはや存在していないのと同じなのですね。

人が何を考えてどんな経験をしているのかは、本人が発信しなければ絶対に分かってもらえません

僕は、生きることと情報発信することは切り離せないものだと思います。

発信する方法は人それぞれです。ブログ、SNS、YouTube、著書、講演、メディア出演、ほかにも新しいものが今後でてくるでしょう。

そのなかで自分に合うツールを活用して、発信を継続することの大切さを今日改めて感じました。

瞬読をマスターして読書して、そのアウトプットをブログなどで発信する人、100人中どのくらいいるでしょうか。

僕の予想では、一人か二人だと思います。もちろん、ブロガー仲間ではみなさん書くことになれてるので書評記事を発信することはごく普通です。

ですので、全体ではかなり少ないのではと思います。

僕自身、こうしてブログで情報発信していますが、読んだ本すべて書評記事を書いているわけではないですし、経験したことすべて発信しているわけではありません。

山中さんは言います。例えば一日一つだけでも学んだことや経験したこと、どんな小さいことでもいいので発信してアウトプットしていけば、一年で365ものことを読者に向けてシェアできます。

継続することが大切なのはみんな分かってますが、実際にそれができる人はごくわずか。

逆にそれができると、大勢から抜け出す存在になることができるかもしれないのです。

むしろ、それをやらなかったら埋もれたままなのはほぼ確実なのですね。

3000文字の骨太ブログ記事の始めはいたってシンプル。なにも考えないこと!

継続には原動力がいりますし、楽ではありません。でも、自分でハードルを上げすぎずにやり続けることがポイントかなあと思います。

ブログを書くんだ!と気合を入れようとすると、途中で挫折します。

まずは、パソコンやスマホでSNSを見たりアマゾンで買い物をしながら、なにも考えずにとりあえずブログの管理画面を開く。まずはこのアクションでいいのです。

このブログ記事は3000字ありますが、3000字書くのだ!と思うと、まず書けません。

僕がやったことは、WordPressの管理画面で「新規追加」ボタンを何も考えずに押したことです。これだけ。

石川和男先生の著書「残業ゼロのノート術」にも書いてありますが、人は5秒以上考えると、やらない理由を作り出してしまい、結局行動ができなくなると言われています。

シンプルに、5秒以内に何も考えずに始めてしまえば、もうほぼ出来上がったも同然なのです。

瞬読で人生を好転させる

ところが、何も考えないで始めて3000文字の記事をサクサク書けるわけではありません。

でも、誰でも実践できる方法があります。

それが、「瞬読」です。

え?読むための術じゃないの?と思うかも知れませんが、実は瞬読のゴールは読むことではなく、たった数時間で人生を好転させることなのです。

読書の域を超えた自己成長こそが、僕が考える瞬読のすごさです。

著書で紹介されているほかの成功例は、

  • ボールがよく見えるようになり、野球の打率が上がった
  • メールを早く読めるようになり、仕事のスピードが上がった
  • 40分で初見の英単語80語を9割暗記できた
  • ピアノの暗譜がすぐできるようになった
  • 数学の公式をすぐに覚えられるようになった
  • 複雑な振り付けをすぐに覚えられるようになった
  • 情報収集が早くなり、ビジネスコミュニケーション力が上がった

本書では、そのためのトレーニング方法が書かれています。

山中さんが代表を務める瞬読協会のHPはこちら⬇ 瞬読体験会なども開催されています。

一般社団法人 瞬読協会

まとめ

今、「瞬読」を始めたほうがいい理由。それは、誰にも平等に与えられた時間に関係します。

時間を買うことはできません。でも、手持ちの時間を有効的に使って増やすことならできるのですね。

著者の山中さんは、瞬読というメソッドを使います。脳の情報処理能力を鍛えることにより、高い理解度を保ったまま、圧倒的短時間で本を読み、アウトプットができるのです。

是非書店にて手にとって頂きたい一冊です。


こちらの記事も一緒にいかが?

石川和男さん・石田和靖さん 出版記念セミナー、サイン会

WordPress(ワードプレス)を使う4つの理由

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください