メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

ロースクール留学の英語学習法 楽をしてボキャブラリーを増やすには

こんにちは、リッキー徳永です。

米国ロースクール留学では、膨大な教科書を英語で読むことが求められます。

できるだけ早く読んで理解するためには、辞書を使わないほうが有利です。かといって、膨大な単語を覚えることが目的ではないので、どのように効率よく最小限の努力で単語力をつけるかが大切になってきます。

無理をせずに単語を増やす方法をご紹介したいと思います。

芋づる式に増やすには

英単語は一つ覚えると、そこから派生して芋づる式に広がります。いわゆる派生語ですね。

派生語のメリットは、すでに知っている単語から、その派生語の意味を推測できるようになることです。

例えば、Legal (法律の、適法の)にも多くの派生語があります。

  • illegal(違法の)
Lで始まる単語の前にil〜がつくと、反対の意味になります。つまり、「適法の」の反対の意味なので「違法の」となります。
  • legalize(法律化する、公認する)
〜izeが単語の後ろにつくと、「〜化する」とか「〜にする」という意味になります。
  • legality(合法性、正当さ)
〜ityが単語の後ろにつくと、状態や性質を示す名詞になります。

このように、派生の仕方には一定の法則があります。これをいくつか抑えておけば最小限の努力で語彙力が一気に増えます。

僕はこちらの本を、高校の頃英語の先生に紹介してもらいました。実は今でも時々読んで英語のことを勉強しています。

こちらの本は洋書で、内容も結構濃厚です。少しずつ読み進めていくといいと思います。

途中で小テストもあるので、自分の単語力を試すことができます。結構レベル高いので、全然できなくても気にしないでください。

まとめ

単語を多く知っていることは読解力に直接つながります。どうせなら楽をして単語力をつけたいですよね。派生語を知っているとかなり応用できます。

関連記事
小室圭さんで注目の米国弁護士まとめ17選★アメリカで弁護士になる方法・ロースクール留学 司法試験とニューヨーク州弁護士の年収は?【就活しない選択】就職活動をしないで留学・アメリカで弁護士になってキャリアを最大限に活かす方法米国弁護士のなかで、人気の高い州と低い州がある?平均収入は実際どうなのか調べてみた!米国弁護士資格が日本でもますますニーズが高まる理由とは小室圭さんで話題のアメリカロースクール留学と米国弁護士資格取得について小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカの司法試験に英語力はどのくらい必要なのか?小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカでは弁護士の数が多くて試験も受かりやすい説は本当なのか?意外と日本と似ているかも?米国弁護士のワークライフバランスの実情を大公開LL.M.米国ロースクール留学には、世界のエリートが集まる!ニューヨーク州司法試験に必要な英語力とは米国弁護士に向いている人とは効率的なニューヨーク州弁護士の登録更新システム結局、何弁護士なのか問題アメリカの弁護士は幸せなのかアメリカの司法試験の読解力【択一試験】ニューヨーク州司法試験【エッセイ編】ニューヨーク州弁護士には何ができるのか英文契約書の簡単なコツ まとめ9選★おすすめ★米国弁護士直伝!アメリカ生活必須情報11選☆おすすめ

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。