メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

米国ロースクール留学とパーティー

こんにちは、リッキー徳永です。

ロースクール留学というと勉強の毎日だと思われますが、イベントもたくさんあります。

今回はそのいくつかをご紹介。

バーを貸し切ってパーティー

僕が留学していたルイジアナ州ニューオリンズにあるチュレーンロースクール(Tulane Law School)では、ほぼ月に一回ほどロースクール生向けのパーティーが開催されていました。

パーティーはバー・レビュー(Bar Review)という名前だったと思いますが、お酒を飲むBarと法曹とか司法という意味のBar(司法試験は英語でBar Exam)をかけ合わせた意味です。

毎回異なる場所で、学校の外のバーやレストランを貸し切ります。ロースクール生であれば誰でも参加でき、無料でドリンクが飲めたりちょっとした食べ物がでてくることもありました。

先生は顔を出していませんでしたね。

僕はLLMに在籍していたので、JDの学生と学校の外で触れあう環境として毎回楽しんでいました。ロースクールだけでも学生が何百人もいるので、毎回バーはかなり混み合います。

アメリカのバー特有の、音楽の音が大きめで会話をするには大きな声を出さないといけないのがネック。

アメリカ人は体も大きくて声も大きいので特に気にしていませんでした。

また、アメリカのバーではかならず入るときにIDチェックがありますのでドライバーライセンスは必須です。もし忘れたら入れてもらえません。

そのパーティーの場所は、バーボンストリート沿いの2階にあるバーだったり、キャンパス近くのレストランとバーが一緒になったお店だったり。毎回とても盛り上がってました。

バーの中全員がロースクール生というのも異様な光景でしたが、夜はみんな勉強を忘れて楽しんでいましたね。

学内でのパーティー

ロースクール内でのパーティーも結構ありました。あまり騒がしくない程度のイベントです。

ロビーを貸し切って映画を上映しながらピザとコーラが振る舞われたりします。ちなみに映画は法律系のコメディーなど。

My Cousin Vinnyをみんなで見ながら笑ったのは印象的でした。もし見たことがない方がいたら、是非どうぞ。おすすめです。

まとめ

米国ロースクール留学、勉強以外でも楽しむ場面はたくさんあることがおわかり頂けたかと思います。

留学の醍醐味は、集中して勉強できる環境と世界中の素晴らしい仲間と知り合えること。勉強以外のことで仲良くなることもとても大切です。

関連記事
小室圭さんで注目の米国弁護士まとめ17選★アメリカで弁護士になる方法・ロースクール留学 司法試験とニューヨーク州弁護士の年収は?【就活しない選択】就職活動をしないで留学・アメリカで弁護士になってキャリアを最大限に活かす方法米国弁護士のなかで、人気の高い州と低い州がある?平均収入は実際どうなのか調べてみた!米国弁護士資格が日本でもますますニーズが高まる理由とは小室圭さんで話題のアメリカロースクール留学と米国弁護士資格取得について小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカの司法試験に英語力はどのくらい必要なのか?小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカでは弁護士の数が多くて試験も受かりやすい説は本当なのか?意外と日本と似ているかも?米国弁護士のワークライフバランスの実情を大公開LL.M.米国ロースクール留学には、世界のエリートが集まる!ロースクール留学の英語学習法 楽をしてボキャブラリーを増やすにはニューヨーク州司法試験に必要な英語力とは米国弁護士に向いている人とは効率的なニューヨーク州弁護士の登録更新システム結局、何弁護士なのか問題アメリカの弁護士は幸せなのかアメリカの司法試験の読解力【択一試験】ニューヨーク州司法試験【エッセイ編】ニューヨーク州弁護士には何ができるのか

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。