メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

効率的なニューヨーク州弁護士の登録更新システム

こんにちは、リッキー徳永です。

日本でもアメリカでも同様ですが、弁護士が有効な資格を保持するためには、弁護士登録をする必要があります。

今回は僕の経験をもとに、ニューヨーク州弁護士の登録について書いていきます。

弁護士登録は2年ごと

ニューヨーク州弁護士登録は2年ごとになります。登録時期はその人の誕生日から30日以内です。

A biennial registration must be filed within 30 days after the attorney’s birthday, in alternating years.

Each biennial period runs for the 24-month period from birthday to birthday

⬆弁護士登録を扱う州の公式サイトによると、このように説明があります。

Biennialは隔年という意味なので、すなわち2年が登録期間になります。

登録費用

登録費用は375ドルで、2年ごとに支払いが求められます。意外と、そんなに高くないのです。

支払いはオンラインでクレジットカード決済ができます。僕のようにアメリカ国外に住んでいてもものの数分で支払いが完了するのでとても便利です。

登録方法

弁護士登録も、オンラインで完結することができます。登録継続なので特に試験もありません。

ただし、Continuing Legal Educationという法学教育を受け一定の単位を取得する必要があるので、その要件を満たしていることが登録の前提となります。

登録継続の弁護士であれば、この法学教育は自分のペースでオンラインでいつでも受けることができます。

そして最後に必要情報を記入してSubmitボタンを押して、カード支払いをしたらそれで登録は終了。

登録をしなかったり登録料を払わないとどうなるのか

この2年ごとの登録および375ドルの登録料支払いをしないと大変なことになるようです。なったことがないので実際は分かりませんが、登録抹消されることもあり得ます。2年ごとなのでうっかり忘れそうですが、僕の場合は登録が近づいたらメールで案内が来るように設定しています。

⬆このような、Attorney Registration Unitというところからメールが届きます。

オンラインで登録するには、ここをクリックして進んでいきます。他の州の登録方法はまた異なってきます。

まとめ

ニューヨーク州は特にメジャーで登録弁護士数も多いです。このような便利なサービスがあると、どの国にいても登録の管理ができるのでとても助かります。

関連記事
小室圭さんで注目の米国弁護士まとめ★アメリカで弁護士になる方法・ロースクール留学 司法試験とニューヨーク州弁護士の年収は?僕が就職活動をしないでアメリカに行った理由米国弁護士のなかで、人気の高い州と低い州がある?平均収入は実際どうなのか調べてみた!米国弁護士資格が日本でもますますニーズが高まる理由とは小室圭さんで話題のアメリカロースクール留学と米国弁護士資格取得について小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカの司法試験に英語力はどのくらい必要なのか?小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカでは弁護士の数が多くて試験も受かりやすい説は本当なのか?意外と日本と似ているかも?米国弁護士のワークライフバランスの実情を大公開LL.M.米国ロースクール留学には、世界のエリートが集まる!ロースクール留学の英語学習法 楽をしてボキャブラリーを増やすにはニューヨーク州司法試験に必要な英語力とは米国弁護士に向いている人とは結局、何弁護士なのか問題アメリカの弁護士は幸せなのかアメリカの司法試験の読解力【択一試験】ニューヨーク州司法試験【エッセイ編】ニューヨーク州弁護士には何ができるのか英文契約書の簡単なコツ まとめ9選★おすすめ★米国弁護士直伝!アメリカ生活必須情報10選☆おすすめ

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。