メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

紙の資料、必要ですか?

はじめに

僕の現職は、アメリカに本社がある、グローバル外資系です。前職は、その真逆で、超日系。

両社ではかなりの違いがありますが、資料一つに関してもまったく異なります。

その紙の資料、必要ですか?

前職の会社では、会議のとき、稟議を回覧するとき、かならず紙の資料を配っていました。

ちなみに、稟議という言葉は帰国して始めてしりました!

しかも会議のときは、一人ひとり、カラーで印刷したものを用意するのがふつう。

会議が終わると、そのまま資料は机に置いていかれたり、持って帰った人も本当に活用するのかは不明。

今の外資系の会社では、基本は紙の資料は用意しませんし、配りません。

会議でもスライドは前に映せばいいわけですし、あとからそのスライドを参加者へシェアしたらいいのです。

しかもブローバルなので、会議の参加者が同じ部屋に集まることは不可能なため、オンラインで参加が原則。

紙の資料がなくても、まったく問題ないのです。

そもそも、部屋にみんな集まる必要もないわけです。

まとめ

特に必要ないのに、意識せずにやっていることが最近気になるようになってきました。資料は紙である必要性は、しっかりと考えないといけませんね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。