エッセンシャル思考 by グレッグ・マキューン【書評】

書籍紹介

これは、最小の時間で成果を最大にするための本。

それはエッセンシャル思考です。

はじめに

仕事や用事を頼まれるたびに、イエスかノーかを正しく決めることが必要です。そのための確固としたルールが、このエッセンシャル思考なのです。

本書読めば、他人の期待に振り回されず、自分に正直に生きる方法が見つかります。

より効率よく生産的なり、仕事もプライベートもこれまでよりずっと充実するのです。

どんな思考なのか

情報について

エッセンシャル思考:ノイズの中のシグナルを探す。語られないことに耳を傾ける。情報の本質を掴み取る。

非エッセンシャル思考:声の大きい意見に反応する。話のすべてを聞こうとする。情報の渦に呑み込まれる。

睡眠について

エッセンシャル思考:もう1時間眠れば数時間分の生産性が手に入る。優秀な人はよく眠る。眠ると創造的になる。睡眠は仕事の効率を高める。

非エッセンシャル思考:もう1時間睡眠を削れば1時間仕事ができる。眠るのは根性なしだ。眠ると怠ける。睡眠のせいで仕事量が減る。

優先順位について

エッセンシャル思考:上位10%にだけイエスと言う。まさに自分の求めていることだけをやる。

非エッセンシャル思考:何にでもイエスという。みんながやっているから、やる。

まとめ

ごく一部のエッセンシャル思考をご紹介しましたが、小さな習慣から始めることによってこれらの思考が定着していくと思います。

まずは小さく始めることですね。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。