メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている by ふろむだ【書評】

同じ講座の受講生が読んでいて気になったのでさっそく購入。

表紙がゆるいので読み始めるまでリラックスできます。

しかし結構ページ数がありますし、文字数が多くなくイラストが多いけど、かなり論理的に書かれています。

錯覚資産とは

まず、以下は本当だと思うだろうか?

年功序列が崩壊し、男女平等が実現し、インターネットによって、誰にでも平等にチャンスが与えられるようになり、誰もが、本当の価値、本当の実力で評価される世の中になっている。

もっともに聞こえるし、このようなことを言っている人が多いです。

ところが、現実は異なるのです。

世の中、実力主義ではないのです。むしろその逆。

この本は、錯覚資産を解説しながら、それを暴露していきます。

もう一つ、この本は成功法の本になっています。

しかも、かなり論理的、現実的、専門的。

分かりやすく言うと、錯覚資産による違いを利用した2人の違いは明らかになります。

  • 実力タイプ:本当に実力がある人。
  • 錯覚タイプ:実力はないが、実力があるように見せかけ能力のある人。

幸運と思考の錯覚

僕も含めて多くの人が自分は幸運だと信じています。

それには、思考の錯覚が大きく関係しているのです。

チャンスが回ってくる時、誰かがその人のことを思い浮かべます。

そのチャンスが発生したときに、そのチャンスを引き寄せられるように、いわゆる思考の錯覚の網を広げておくのです。

そうすると、もちろん網が大きいほど幸運を引き当てる確率は高くなるのです。

思考の錯覚については本書で詳しく書かれていますが、かなり目からウロコ。

多くの人がどれだけ多くのチャンスを逃しているか、よくわかった。

まとめ

この本はかなり特殊な内容になっています。なぜなら、普通の人に見えないものが、見えるようになるかもしれないからです。

本の価値は読んだ人次第!

目次

◇はじめに
◇おいしいのは「正しいとしか思えない間違ってること」
◇自分はハロー効果に騙されないと思ってる人が騙される理由
◇学生と社会人では人生ゲームのルールが根本的に異なる
◇誰も卑怯と気づかない卑怯なやり方が最強の勝ちパターン
◇運ゲーで運を運用して勝つ方法
◇優秀な人間が運に左右されずに成功する理由
◇食欲でも睡眠欲でもない、性欲よりもはるかに切実な欲望
◇なんでも悪く解釈される人とよく解釈される人の違い
◇ダメな奴はなにをやってもダメという呪いの正体
◇自分の意思で選択しているとしか思えない
◇成果主義という名のインチキゲームの裏をかいて勝つ方法
◇幸運を引き当てる確率を飛躍的に高くする方法
◇思考の死角に棲む悪魔の奴隷から主人になる
◇美しき敗者と醜悪な勝者、どちらになるべきか?
◇有能な人と無能な人を即座に見分けられるのはなぜか?
◇自分は公平だと思ってるえこひいき上司の脳内
◇欺瞞が錯覚を大繁殖させる
◇思考の錯覚のまとめ
◇錯覚資産を雪だるま式に増やしていく方法
◇おわりに

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。