英文メール、英文契約書のシンプル英語の使い方とは

ビジネス英語

シンプル英語は意識的に

Simple EnglishとかPlain Englishは、特に英文メールや英文契約書で必要とされています。

できるだけシンプルな英語を書くことが求められてるということです。

学校で習う英語をそのまま応用すると、必ずしも伝わりやすいシンプルな英語になるとは限らないのです。

また、英語の上級者やネイティブでさえ、シンプルな英語を使うことを意識的にしなければいけません。

好ましくない例といい例

では、単語を例にしてみます。好ましくないと言っても、英語として間違いではまったくありません。

  • accordingly → so
  • extended → long
  • contiguous to → next to
  • subsequently → later
  • notwithstanding → despite
  • presently → now
  • regarding → about
  • prior to → before
  • numerous → many

いかがでしょう。無意味に長かったり一般的ではない単語を使うより、シンプルなほうが読み手にとっていいのではないでしょうか。

結果的に文章はより自然なものになるでしょう。

まとめ

新しい単語を常に学ぶことは大切ですし、学んだら実際に使うべきです。

メールも契約書も読み手がぱっと読んでサクッと理解できるものでなければいけません。難しい単語を入れる必要はないのです。

[box class=”box32″ title=関連記事][kanren id=”7287,7024,6702,6694,325,329,4387,4382,4237,4209,4139,4069,3871,3859,3280,2615,2653,2258″][/box]

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

[btn href=”https://ricky7.co/newsletter” class=”raised blue-bc strong”]メルマガ登録[/btn]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。