メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

日本人が米国弁護士資格を取得するベストな方法とは

こんにちは、リッキー徳永です。

米国弁護士資格は難関な資格の一つです。それでも挑戦する日本人は増加していて、その可能性は無限大。

そんな米国弁護士資格を日本人が取るには、方法は一つではありません。

人によってバックグラウンドや目的は違うので、ベストな方法を見つけることが大切だと思います。

誰もが必ず通らなければいけない道は、ロースクール留学と司法試験です。

僕がどんな方法をとったのか、まとめてみました。

ロースクール

まずはロースクールから。ここで法律を勉強して卒業しないと、司法試験を受けることができません。

アメリカのロースクールは全米にたくさんあり、プログラムも様々。

それぞれのロースクールによって得意分野も異なったり、教授のタイプ結構ちがいます。

ランキング上位になる学校は、入学するだけでもかなり難関。統一テストはないので、高校の成績や願書とともに提出するエッセイをもとに審査されます。

アメリカは国土がとても広いので、ロースクール生活をどこで過ごしたいかも重要。

気候が温暖でカジュアルな西海岸、伝統的で教育レベルも高い東海岸、勉強する環境がすばらしい南部など。

日本では想像つかないほどそれぞれ地域の特色があります。

僕はルイジアナ州ニューオリンズのロースクールでした。

アメリカ南部なので、一年中温暖でかなり蒸し暑く、住んでいる人は穏やか。

物価も全米で最も安く、学生にとっては住みやすい場所になるわけです。

アメリカのロースクールは、3年課程のJDプログラムが一般的です。

1年目に民法、刑法、憲法などの基本的な法律を学び、2,3年目になると専門分野を選ぶことができうようになります。

もし日本で法学部やロースクールを出ている場合は、実は3年費やすことなく司法試験受験資格を得ることができます。

それはLLMプログラムという、JDよりも一つ上のプログラム。

2セメスターなので、実質9ヶ月ほどで卒業できます。

僕は日本で法学部を出ていたので、このLLMプログラムに進みました。

また、授業も選択しやすく、自分が求める勉強をすることができます。

注意が必要なのは、司法試験を受けるためには民法や憲法などの一定の要件があるため、それらを満たすように授業を決めなければいけません。

司法試験

司法試験はどこの州を受けるか、自分で決定します。

僕はルイジアナ州ニューオリンズのTulane Law Schoolに行きましたが、ロースクールの所在地と司法試験の州は基本的に関係ありません。

実際に、ニューヨークやカリフォルニアなどのメジャーな州は、アメリカ全土から受験者が来ています。

州ごとに受験資格が異なるので、事前に調べる必要がありますが、主にニューヨークは外国人にも人気です。

理由はいろいろありますが、JDを出ていなくてもLLMを出ていれば受験できる、就職のチャンスが多いなどです。

僕の周りの外国人は、ほとんどの人がニューヨークの試験を受けていました。

司法試験は二日間にわなって行われますが、会場はなんとただのひろーいアリーナです。

そこに大量のデスクと椅子がセットされていて、一斉に試験を受けます。異様な雰囲気の中、試験を受けたのはいい思い出です。

JDを卒業したら全米どこの州の司法試験でも受験できますが、LLMだけですと受験できる州は限られます。

まとめ

米国弁護士資格といっても、どこの州の資格をとるか、ロースクールはどこにいくかなど、選択肢は一つではありません。

最近注目されている資格ですし、今後はもっと評価されるものになるでしょう。

僕の場合はルイジアナ州でLLM、ニューヨーク州弁護士資格を取りました。

自分にとって最善の選択をしたと思っています。

関連記事
小室圭さんで注目の米国弁護士まとめ★アメリカで弁護士になる方法・ロースクール留学 司法試験とニューヨーク州弁護士の年収は?僕が就職活動をしないでアメリカに行った理由米国弁護士のなかで、人気の高い州と低い州がある?平均収入は実際どうなのか調べてみた!米国弁護士資格が日本でもますますニーズが高まる理由とは小室圭さんで話題のアメリカロースクール留学と米国弁護士資格取得について小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカの司法試験に英語力はどのくらい必要なのか?小室圭さんで話題の米国弁護士!アメリカでは弁護士の数が多くて試験も受かりやすい説は本当なのか?英文契約書の簡単なコツ まとめ9選★おすすめ★意外と日本と似ているかも?米国弁護士のワークライフバランスの実情を大公開LL.M.米国ロースクール留学には、世界のエリートが集まる!ロースクール留学の英語学習法 楽をしてボキャブラリーを増やすにはニューヨーク州司法試験に必要な英語力とは米国弁護士に向いている人とは効率的なニューヨーク州弁護士の登録更新システム結局、何弁護士なのか問題アメリカの弁護士は幸せなのかアメリカの司法試験の読解力【択一試験】ニューヨーク州司法試験【エッセイ編】ニューヨーク州弁護士には何ができるのか

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

メルマガ登録

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。