アメリカの司法試験 ニューヨーク?カリフォルニア?どこにしよう!

司法試験


アメリカの法律は州ごとに異なり、弁護士資格も州ごとになります。

そして司法試験も州ごとに行われます。司法試験は英語で、Bar Exam。司法は英語で「バー」です。お酒を飲むバーとスペルも発音も実は同じ。

僕はニューヨーク州の弁護士資格を持ってますが、基本的にニューヨーク州の法律しか扱うことができません。だからといって、全部の州の資格を取る人はいないのです。

通常、どこか一つの州を決めて試験を受けて資格をとりますが、2つの州、多い人は3つの州の資格を取る人も結構います。

例えば、ニューヨーク州とカリフォルニア州の両方の資格を持っている人は多いです。あとは、ニューヨーク州とニュージャージー州もよくいます。

司法試験ですが、ニューヨーク州の場合は二日間にわたって行われます。一日目は筆記試験、2日目はマークシート試験のような日程です。

ニューヨーク州の法律しか扱えないと書きましたが、面白いのが、移民法のような連邦法を扱うのであれば、どこの州の資格でも全米で実務をすることができるのです。

州法と連邦法というのは日本にはないコンセプトですね。

[box class=”box32″ title=関連記事][kanren id=”7287,7024,6702,6694,325,329,4387,4382,4237,4209,4139,4069,3871,3859,3280,2615,2653,2258″][/box]

メルマガ好評配信中です。読者限定情報も。登録がまだの方はこちらから!

[btn href=”https://ricky7.co/newsletter” class=”raised blue-bc strong”]メルマガ登録[/btn]