メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

アメリカ版ハーバードビジネスレビューから学ぶ時間管理法 ビジネス洋書

ハーバードビジネスレビューはアメリカの経営雑誌で、グローバルリーダー向けに書かれている、ちょっとお硬い内容ですが、質は一流のもの。

内容は経営者向けというのはもちろんのこと、経営学、経済学、心理学、脳科学、芸術、歴史など多岐に渡ります。

日本ではダイアモンド社が発行している日本版があります。アメリカ版とは内容が異なり、日本語版独自の記事とアメリカ版の日本語訳から成っています。

今回は僕が実際に最新のアメリカ版を読んで、日本語版用にまだ訳されていない内容。

有名企業のCEOの時間管理(How CEOs manage time)についてご紹介したいと思います。

時間管理術

Spirit AeroSystemsという航空系の会社のCEO Tom Gentile氏の時間管理について、CEOだけではなくて誰にでも当てはまるであろう内容が気になりました。

“Think about time very strategically, because it is part of your strategy.

You can’t let it be a reactive process that bubbles up from the bottom. You have to manage it from the top down, and you can’t delegate it.”

「時間は必ず戦略的に考えなければならない、なぜならそれはあなたの戦略の一部分だからだ。

時間は底から噴き出てくるような反応プロセスになってはいけない。トップダウンで管理する必要があり、誰かに委任することもできない。」

人は誰でも忙しくなると時間に追われて、時間に関して受け身になってしまいます。

やはりそこは、戦略的に自分から時間管理をしていかなければいけませんね。

トップダウンで管理という言い方が、アメリカのビジネスマンらしいです。

“And even in an age when e-mail is prevalent, you must be disciplined about communicating face-to-face in a way that lets people see you as genuine and approachable.”

「そしてメールが当たり前になっている現在でさえ、誠実で親しみやすい人物であることが分かるように面と向かってコミュニケーションを取ることを心がけなければいけない。」

まとめ

テクノロジーが発達しても、結局は人と人との繋がりになると思います。

いい人の周りにはいい人が集まる、これは当たっています。

時間管理法、欧米の考え方も日本人には有効に活用できるのではないでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。