YouTube【米国弁護士リッキー徳永のリッキーチャンネル始まりました!】

死ぬこと以外かすり傷 by 箕輪厚介【書籍感想】

こんにちは。話題の人物をいち早くチェックしているリッキー徳永(@ricky7co)です。

僕はベストセラーの順位で本を選ぶことはあまりしませんが、幻冬舎の天才編集者 箕輪厚介さんにはとても興味があります。さっそく、買って読んでみました。

箕輪さんは頻繁にテレビにも出ていて、夜に路上でホリエモンと戯れている様子なども印象的でした。

死ぬこと以外かすり傷

こちらの本、まず目につくのは、帯に派手に書かれた、堀江貴文さんと落合陽一さんの推薦。これはすごいインパクトです。

出版業界で、誰が推薦するかは売上をかなり左右します。そしてパラパラーっとページを見ていくと、文字がかなり大きい

各章のはじめの見出しは、1ページ7行しかないほど文字が大きいのです。内容はどうであれ、これもインパクトはあるのかなあと思います。

具体的な内容は、幻冬舎における現役編集者としての仕事ぶりが細かく書かれています。

語調もかなり尖っていて独特です。アウトプットの仕方としてはこのくらいやったほうがいいときもあるのかなあと思います。彼のようなカリスマ編集者だからこそこの内容と語調で本が飛ぶように売れるという事実もあると思いますが。

熱いメッセージ


そして肝心の内容ですが、熱いメッセージの連発

彼はサラリーマンなのですが、会社の金でノーリスクでギャンブルができる(誤解のないように補足すると、ビジネスとしてのギャンブルです)など、会社関係者が読んだらどうするんだというレベル感です。

そこが彼のやり方でもあるのですが、アクションを起こし、正当化して結果を出す。これらが伴ってこそ堂々と言えるのかなあと。

そして印象に残ったのがセルフブランディングについてです。

実際に、箕輪さんよりも書籍編集の経験が豊富で技術も高い編集者はいくらでもいます。しかし、ムーブメントを起こし熱を生むことができる人間はいない。

そこには彼なりの、ヒーローインタビューまで想定して仕事をするという、明確な目標設定があります。

キモはその目標が達成されるかどうかではなく、その目標をプロスポーツ選手のように確実にイメージすることにより、普段から生半可なことはできなくなり、一つ一つの行動が変わるのです。

ちなみにこの本のアマゾンにおけるカテゴリーは仕事術です。

第4章には、具体的な仕事のやり方が書かれています。興味深い箕輪さんらしい書きぶりが目立つので、いくつかご紹介します。

今やれよ!

人の何十倍も努力することは不可能で、24時間ある中で努力してもせいぜい人の2倍程度しか努力はできない。どこで差がつくか。それは「昨日までできなかったことをやる」

日本には昔から不思議な「下積み」というものがあります。たとえばスポーツの世界なら球拾いとか、料理人の世界なら見習いというものでしょう。

今の時代は誰にでも平等に新しいことをチャレンジする機会があります。ツイッターで直接ホリエモンに絡むこともいつでもできるわけです。そこから新しいビジネスが生まれるかもしれません。

スピードスピードスピード!

時間があればいいというものではない。集中力というものは追い込まれた瞬間に最大値を記録するからだ。それならば、常に時間を区切って集中力を下げないようにすればいい。

かなり原動力のいる仕事術のようですが、本質をついていると思います。居心地の良いスピードで仕事をしていてはいけないのですね。

誰も見えない速さで駆け抜けるほどの勢いが必要ということです。

量量量!

どうにか乗り越えられる量ではだめだ。それでは能力爆発は起こらない。進化は危機からやってくるのだ。量だけは裏切らない。

量が伴うと質が低下するという懸念はまったく必要ないというか、それは間違っていることを知らされた内容です。

人前でしゃべる仕事の量を圧倒的にこなしてからこそ、人は進化するというのです。

実際に僕がテレビでしゃべったことを考えると、準備をしたのは本番前の打ち合わせくらいでした。

入念に準備をして挑む本番を数回やるよりも、準備をする時間がないほどの量をこなしたほうが進化するのです。

まとめ

以上、今大注目の天才編集者 箕輪厚介さんの著書「死ぬこと以外かすり傷」の感想でした。すこしでも参考になれば嬉しいです。

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください